脱毛サロンの解約方法

脱毛サロンの解約方法

条件を満たせば契約後でもクーリングオフできる

脱毛サロンで脱毛コースを契約してしまった後、契約を解除したくなったとき契約金を全額返金でき契約を無かったことにできる制度がクーリングオフ制度です。この制度は例えばエステサロンで半ば無理やり契約を結ばされたが、やはり解約をしたいと思ったときに活躍する制度です。しかしこの制度が有効とされる契約にはある程度の条件があります。その条件とは、契約をした日から8日以内であること、そして契約期間が1ヶ月以上であること、そして契約金額が総額5万円以上であることが条件です。1つでも条件に当てはまらなかった場合は残念ながらクーリングオフ制度は適用されません。また、基本的に1回目の施術を受けている場合でも8日以内であればクーリングオフは可能です。クーリングオフは書面でのやり取りで成立するものですので、直接エステサロンに出向く必要がありませんので勧誘が激しい脱毛サロンなどの場合でも安心して制度を使う事が出来ます。

中途解約の条件はサロンによって異なる

中途解約の条件は、利用をする脱毛サロンによって異なるものです。解約の条件の例を挙げてみると、これは本当にサロンにもよりますが、特に条件を設けているわけでないサロンもあります。支払い形式で都度祓いだとか、月額制での契約だったら、期間は2ヶ月以上継続してから、中途解約できるシステムを取っているサロンもあります。クレジットカードで支払う場合は、途中解約をしてもタイムラグは生じることになります。すぐに解約したい時には難しくもなりますが、思い立ったら直ぐにコールセンターに相談です。こうした中途解約では、違約金が発生することもありますが、違約金がないサロンもあります。その場合であっても、解約手数料の発生は考えられますので、金額的なことは細かいことまで確認を行う必要は出てきます。中途解約をすると気には、印鑑や返金用口座情報などが必要となってきます。支払いがクレジットカードであれば、カードも用意しておくといいです。

このページの先頭へ