VIO脱毛は恥ずかしい

VIO脱毛が恥ずかしいと思っている人向け

実はVIO脱毛する人が増えている

VIO脱毛は欧米では一般的なことで、日本でもエステサロンや美容クリニックで施術を受ける人が増えています。女性たちがVIO脱毛を始めた理由は、下着の中が清潔でいられるためです。VIOに生える毛は太くて量が多いので、雑菌が繁殖しやすいです。雑菌はニオイの原因となります。また生理の時の経血もニオイがきつくなり、蒸れてかぶれを引き起こします。毛が減ることで通気性が良くなればデリケートゾーンの悩みも軽減されます。またVIOは自己処理が難しい部分でもあります。カミソリや除毛クリームは刺激が強く、肌トラブルを引き起こす恐れがあるので適していません。カミソリで剃った後は、ブツブツと黒くて先の尖った毛が生えるので、見た目が悪いだけでなく自分もチクチクして痛いです。しかし女性は下着や水着などで毛がはみ出ると困るシーンが多いです。そこでプロによって脱毛してもらうことで、露出の多い服装でも周りの目が気にならなくなります。

エステティシャンは見慣れているし、仕事なので何とも思わない

VIO脱毛とは、ビキニラインなどのデリケートゾーンに生えている体毛を対象としたサービスのことです。この部分のムダ毛を綺麗にすることにより、オシャレなデザインの水着や下着を身につけた時に、はみ出る心配をしなくても良くなります。このために、若い世代の女性を中心に人気を集めています。なお、VIO脱毛は一方で場所が場所だけに、施術を受ける側にとってはかなり羞恥心が伴ってしまいます。ただし、エステティシャンの側は、豊富な経験を積み重ねており、特別な感情を持つことはありません。それよりも施術を受ける側のプライバシーを守ることを重視しており、個室で施術を行うなどの工夫を施しています。また、恥ずかしいからといって自分で行うことは非常に危険です。現在では高性能の家庭用脱毛器も開発されていますが、VIO脱毛は推奨されていません。これは、この部分は色素が沈着しやすいうえに粘膜を含むからで、火傷などのトラブルが起こりがちだからです。このために、プロに任せるのが最も適当であり、エステティシャンは安全を最優先してサービスを提供しているので心配はありません。

脱毛した女子のホンネは、恥ずかしさも慣れる

最近の女性は、ムダ毛の処理を脱毛サロンで行うことが多いです。脱毛サロンでは、ワキや腕、脚の脱毛の人気が高いですが、最近注目を浴びているのがVIO脱毛です。VIOラインとは、女性のデリケートゾーンを指します。Vラインは、正面から見たデリケートゾーンで、自分でも確認をすることができるので、自己処理する人もいます。Iラインは、陰部の両サイドで、自分の目では確認しづらい部分です。Iラインは、生理中に蒸れたり、臭いが気になることが多いです。Oラインは、肛門の周りです。VIO脱毛は、場所が場所だけに、脱毛してもらうのが恥ずかしいという人は多いです。でも、多くの女性が回数を重ねるうちに慣れてしまいます。施術者はプロで、多くの女性のデリケートゾーンを見ています。ですから、ワキを脱毛してもらう時と同じような気持ちでいればいいのです。生理中は、脱毛できません。また、生理前も痛みを感じることが多いので、控えた方がいいです。

このページの先頭へ