レーザー脱毛と光脱毛

レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛の特徴

医療機関では専用機器を用いたレーザー脱毛の施術が受けられます。レーザー脱毛の特徴としては、医療レーザーを照射することで、脱毛処理を行うことが挙げられます。医療レーザーは医師しか取り扱うことができないため、エステではレーザー脱毛を受けることができません。医療レーザーにおいては出力がやや強めとなっていることから、施術時の痛みを伴うことが多いです。施術時の痛みとしては個人差がありますが、ゴムで弾いた程度を感じることが少なくないです。しかし、医療機関では施術時の痛みを和らげるために、予め麻酔クリームなどを付けておく処置が行われています。そのため、施術時の大きな苦痛は抑えられる状況が生まれています。また、医療レーザーは医師によって出力の強さを加減することが行われていますが、万が一の際にヤケドを負ったとしても直ぐに措置が取られる特徴があります。なお、レーザー脱毛では一度施術を受けても、再びムダ毛が生えていくことが多くなっています。そのため、定期的に施術を受けることで、徐々にムダ毛の生えてくる本数を減らすことができます。

光脱毛の特徴

脱毛サロンでは光脱毛という方式の脱毛が多く行われています。この方式が採用されているのは、たくさんのメリットがあるからです。そもそも、光脱毛とは、黒い色素に反応する特殊な光をお肌に当てる施術です。光はお肌ではなく毛に向って行くために、肌ダメージはほとんどありません。毛に到達した光は、毛根に達して、たんぱく質を変性させることでムダ毛が生えてこないようにします。この光は、一度に広範囲の施術が可能という特徴があります。そのため、短時間での脱毛を可能にすることができます。ワキのような狭い範囲であれば、左右両方やっても5分ほどで終わり、全身脱毛も今までの方法より短い時間で脱毛することができます。お肌への刺激が少ないので、痛みも少ないというメリットがあります。人間の毛は生え変わっているので、一回の施術ではすべての毛をなくすことはできません。平均で五~六回ほどの施術を受けると、ムダ毛のないきれいな状態になります。

このページの先頭へ